読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

自作PCの起動に失敗した

computer

 今日は熊谷の最高気温は30℃を越えた。先月、自作PCのパーツ交換を断行(笑)したのだが、「静音ファン」と銘打った製品を付けたものの、うるさいので、電源を外しておいた。

 筐体前面の吸気ファンだけを止めたので大丈夫だと思ったのだが、さすがにlm-sensorsでCPU温度を計測すると2度程度、通常よりも上昇していた。そこでファンの電源をつないでみたのだが、再接続後、PCが起動しなくなっていた。小一時間、悩んでしまった。


 原因は電源コードを再接続した際、筐体内の空気の流れをスムーズにしようと電源コードを束ねたことにあった。そのとき若干張力がかかりHDDマスター側の電源ソケットが少し外れてしまったのだった。それほど激しく抜けていなかったので。しばらく気がつかなかった。

 コード類はしっかり差し込んだつもりだったのだが、一部少し緩いところがあった。今後は気をつけたい。

 なお、前面ファンを回して、またうるさくなってしまったのだが、CPUの温度の上昇は抑えられているようである。