田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

JR東北線事故に思い出されること

 今日のJR東北線の架線切断事故は大変な混乱をもたらしたようだ。私の同僚にも影響を受けた方がいる。(電車に閉じ込められたり、線路を歩くハメに至らなかったのは不幸中の幸いか)

 TVニュースのインタビューを見る限り乗客の方々は席を譲りあったり、メモを回したりと平静を保つように努力していたようだ。(なかには4時間立ちっぱなし、と不満をもらしていた方もいた)

 先日、私が上京した際もお年寄りに席を譲る方を3名も見た。私の学生時代はほとんどみることはなかった。それだけ「民度」も上がってきたと見るべきなのだろうか…(相変わらず痴漢は少なくないようだが)


 特徴が少なくおとなしいとされる埼玉の県民性だが、若い方は知らないかもしれないが、埼玉でもかつてこんな事件があった。

 よく暴動が起こらなかったものだ。普段おとなしい人は怒るとものすごく恐いのが世間の相場であろう。

(追記)浦和レッズのおかげで埼玉県民はおとなしい、とは思われていないかww