田舎者Yの日記

片田舎の元バイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

(海外からスパムコメントが続きましたので、しばらくコメントは承認制にします。)

バイクを洗車。ついでにウェア類も洗う

前の記事の続きだが内容が変わるので別の項目にした。
さて何だかんだ言っても林道を楽しみ、ついでに軽井沢で食事をし*1、ストレスを発散して無事帰宅した。
おかげでバイクはドロドロである。久しぶりに洗車をした。ついでに夏も終わったのでヘルメットのインナーやライディングウェアも洗った。

話は少しずれるが、R100GSの車輪はクロススポークホイールと言われるものである。スポークホイールなのだがチューブレスタイヤが装着できる。オフロードバイクを乗られる方はお分かりいただけると思うが、これは画期的な機構である。私は以前ホンダのアフリカツインというバイクに乗っていたのだが、山奥でパンクをして非常に苦労をした。R100GSならば通常のチューブレスタイヤ用のパンク修理キットで修理が可能なのである。この仕組が、私がBMWに惚れ込んだ理由の一つだ。


さて、そのクロススポークだが、購入時はピカピカしていたのだが、最近は(おそらくブレーキパッドのダストだろうが)真っ黒になってしまっていた。
洗車時にスポークをこすっていたら少し黒いところがとれた。そういえば昔、松本師がスポークをワイヤーブラシで擦っていたのを思い出した。ガレージの隅にあったワイヤーブラシを取り出しゴシゴシとスポークを擦ったところ若干汚れがとれた。
結構長い時間こすってみた。その割には若干、奇麗になった箇所のムラができたり、汚れがとれていない所もあったが、大方スポークは以前の輝きを取り戻したようだ。


それからバイクに乗らない方は知らないかもしれないが、ヘルメットのインナー(内部の衝撃吸収材)は取り外して洗えるようになっている。夏の間、汗を大量にかいたので、久しぶりに洗ってみた。以前、雑誌か何かでシャンプーで洗うと、汚れが落ちるのと同時に香りも良いと書いてあったので、私はシャンプーで洗ってみた。

ライディングウェアも手洗してみた。以前クリーニング屋さんにお願いしたことがあったのだが、ゴアテックスの表面に細かいしわができてしまった。今回は自分で手洗してみた。


やはりたまに洗うと気持ちが良いものだ。

*1:中国からと思われる団体客と一緒になった。以前は何とも思わなかったが、中国語を聞くとちょっと身構えてしまう