田舎者Yの日記

片田舎の元バイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

(海外からスパムコメントが続きましたので、しばらくコメントは承認制にします。)

最近のMicrosoft

 私はプログラミングをほとんどしない田舎のPCユーザに過ぎないのだが、無料であるということと好奇心から、プライベートではLinuxを使っている。現在はUbuntuユーザである。ちょっと気になるニュースを見つけた。

 WIRED VISION / 中国人たちの英雄、ビル・ゲイツ会長(1)


 記事中にMicrosoftがOLPC100ドルノートPC"XO"を配布するということが書いてあるのだが、たしかXOはFedora系のLinuxがベースのはずであった。かつてハロウィーン文書なるものが存在したが、その頃とは偉い変わりようである。Micorsoft社内部でなんらかの方針転換が行われたのだろうか。


 更に記事によると、XOの配布に併せてMS社製のソフトも提供されるようである。MS-Windowsが必要となるだろうから返って高くつくのでは、と思ったが、以下の記事のように廉価版のWindowsもあるようである。(id:coldcup氏から教えてもらった)

  Microsoft、デジタル格差解消に向けてWin XPやOfficeを3ドルで提供 | パソコン | マイコミジャーナル


 しかしXPなどが$3とは…。正規版を買った者にとってはまさに「どんだけ〜」である。
 かつて中東を訪れたことのある方から不正コピーとコンピュータウィルスの蔓延について聞かされたことがある。こうでもしないと事態はよくならないのだろう。


 それにしても中国などは未だに開発途上国扱いである。開発途上国であるか否かはOECDのDACリストなるものに因るらしいが、かの国は最大限にそれを利用しているとしか思えない。以下のような記事もある。

 債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら  日本は中国にとっくに抜かれています