田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

蔦屋の大型店へ行ったんだが

 先週末、家族サービスも兼ねて「パワーモール前橋みなみ」に行ってきた。私は埼玉県北部に住んでいるのだが県境も近く、群馬に友人知人も少なくない。しかし高崎方面へはJR高崎線などでたまに行くのだが前橋まで足を伸ばすのは我が家では珍しい。

パワーモール前橋みなみ - Wikipedia

 妻、子、買いたいものは別々だが私のお目当ては蔦屋書店の大型店舗。たしかできた頃は日本最大店舗だったはず。今は CCC も次々と大型店舗を出店しているので日本最大ではないようだ。それにしてもデカイ。近所の蔦屋の優に3倍はある。

日本最大のTSUTAYA、仙台にオープン――売り場面積は約3000坪 - ITmedia eBook USER

 

 本の品揃えも豊富で、本を手にとって選べるというのは嬉しい。

 

 ところで私は買いたい本があったのだが、実はこの蔦屋前橋みなみモール店になかった。店内検索端末でも調べてみたのだが「在庫なし」だった。ショック。読みたかった本は『イスラム国の衝撃』

 

イスラーム国の衝撃 (文春新書)

イスラーム国の衝撃 (文春新書)

 

 

 私は山形浩生氏の記事で知った。べた褒めである。

イスラム国・テロ・経済的可能性|新・山形月報!|山形浩生|cakes(ケイクス)

 

 ネットでも話題沸騰のようだ。例の惨劇と発行のタイミングが合っているので当然か。おそらく売り切れていたのかもしれない。しかし大型店でも話題の本が手に入らないとは…。

 大型店だからこそ買い手が集中してすぐ売り切れたのかもしれない。しかし売り切れましたなどのPOPもなかった。あるいはそもそも蔦屋の注文をかけてなかったのか??

 いずれにしてもネットで注文してしまった。どうしても買いたい本があったらネットに限る、とクルマで小一時間かけて訪れた地で思ったのだった。

 

 それから駐車場が非常に混んでいた。空きを見つけるのにかなり時間がかかった。今後はバイクで、家族に内緒で行ってみたい。

(追記)

この記事の2週間後、蔦屋の前橋みなみモール店へ行ったら『イスラーム国の衝撃』が大量に置いてあった。やはり私が行ったときはたまたま売り切れていたのかも。