田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Ubuntuのsudoで罵られる

sudo はスーパーユーザ (root) の権限でコマンドを実行するためのコマンドで Ubuntu ユーザなら使わない人はいないだろう。下記のスライドで「侮辱オプション」なるものがあることに知ったので、素人がよせばいいのに、試してみた。

 現場で役に立たない sudoの使い方

 

ターミナルを起動して(今の Ubuntu なら Ctrl + Alt + T で起動できる)、sudo visudo で以下の一文を追加する。

Defaults !lecture,tty_tickets,!fqdn,insult

 

打ち間違えると sudo が使えなくなるので要注意だ。

 

入力後、保存してvisudo を終了。sudo -K でセッションがクリアされて、これ以後の sudo に再びパスワード入力が要求されるようになる。

設定は以下のサイトを参考にした。

Let Sudo Insult You When You Screw Up | Ubuntu Tutorials

 

ちょっとパスワードを打ち間違えてみる。

You type like I drive.

あ、メッセージが変わった。

I've seen penguins that can type better than that.

それよりうまく打てるペンギン知ってる、か。面白い!しばらくこれで使ってみよう。(マゾか?)