田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

ファルコム音楽フリー宣言で思い出したこと

 ファルコムの音楽フリー宣言が話題になっている。

 ファルコム音楽フリー宣言

日本ファルコム株式会社(以下、当社)のすべての楽曲を自由に
ご利用していただくことを目的とした宣言です。
(略)
当社は今まで、20年以上にわたり多数のゲームミュージックを制作販売し、そのサウンドの多様性、完成度の高さなどから世代を超えた多くのユーザーに支持されてきました。
2009年6月5日現在、当社が販売している楽曲は3,453曲となり、現在も曲数は増え続けています。

これらの楽曲をゲームミュージックファンだけにとどまらず、今まで以上に多くの人々へ届けたい、という想いを形にするべく、この度、世界初の試みとして「ファルコム音楽フリー宣言」を実施します。

 以前からテレビをボーッと眺めているとBGMに、あれ、これゲーム音楽じゃないかな、と思うことがあったのだが、これからはますますそういう機会が増えるのかもしれない。


 しかし久しぶりに見たファルコムの名前に、今から20年前、PCがまだマイコンと呼ばれていた頃にゲームにハマっていたことを思い出した。そうか、あれから20年もたったのか。ホント、夢のようだ。

 ちょっと検索してみたらいろいろ見つかった。あの頃、ひそかに尊敬していたプログラマーの木屋さんは、長髪の芸術家風の風貌を想像していたのだが、すっかり中年の(失礼)某社の幹部のようだ。

 【4Gamer.net】[特集]“あの”木屋善夫氏が「ソーサリアンオンライン」にもの申す!?伝説的なスタープログラマーが見る,現代のゲーム(前編)


 そう。私がハマっていたのはソーサリアンであった。検索すると初音ミクがいろいろと挿入歌を歌っている。

D


 うーむ、つけられたタグは[おっさんホイホイ]。まさしく。ちょっと涙が出るくらい懐かしい。


 ソーサリアンオンラインも惹かれるのだが、ハマりそうで怖いので、私はこれを買ってみたい。