田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

蝉が鳴き始めた

 先週末から蝉が鳴き始めた。私が耳にしたのはアブラゼミだ。まだ声が弱々しい。夏の始まりはいつもこうだったかな、いつもよりも声が弱くないかな、とも思ったが、じきにヤカマシイ!と思うくらいにうるさくなるだろう。


 蝉の声を聞くと子供の頃、親に買ってもらった『イソップ物語』を思い出す。ご存知の方もいると思うが、一般的に知られている「蟻とキリギリス」は原典のイソップ寓話では「蟻と蝉」である。アイソーポス(イソップ)のことはヘロドトスの『歴史』にも出ているらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97%E5%AF%93%E8%A9%B1


 イギリスなどでは蝉(cicada)は馴染がないのでキリギリスになったと聞いたが、真相は単純ではないらしい。ちなみに同僚のD氏によるとニュージーランドでも蝉はよく鳴いているそうだ。(彼の地は今、秋から冬か…)

 以下のページを見つけたが暇なときに読んでみよう。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/cicada/preface.html


 それから蝉といえば「米国周期蝉」のことが思い出される。アメリカには13年と17年周期で大量発生する蝉がいるらしい。13と17は素数であり、偶然ではなく数理的なメカニズムが存在しているようだが、私にはよくわからん。これまた暇なときに読んでみよう。
http://homepage2.nifty.com/saisho/Perio.Cic.html


 さしずめ私の夏休みの宿題かな…。きっとやるのを忘れるだろうがww