田舎者Yの日記

片田舎の元バイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

(海外からスパムコメントが続きましたので、しばらくコメントは承認制にします。)

206SW ヘッドライト球切れ

数日前にヘッドライトの片側が球切れしていたことに気がついた。しばらくはバイク通勤だったのだが、昨日、仕事から帰って、自分で交換してみようとヘッドライトの内側のカバーを外してみた。

結論から言えば、やらなければよかった。週末ディーラーへ行こう。(嘆)


まず取扱説明書を読む。ヘッドライト周辺にUV加工についての注意書きがなければ通常のバルブで良い、とのこと。

「よしよし、それでは確認してみるか」 説明書通りに運転席からみて左側(こちらが球切れ)を開けてみる。特に注意書きはないようだ。

「なるほど。反対側はどうなっているのだろう?」右側はウィンドウォッシャー液のタンクがあり非常に狭い。なんとか内側カバーを外してみたが、全然カバーを取り出せない。周りの部品が干渉してしまう。「ちょっと右側が作業しづらいな…」と元に戻そうとすると…

カバーが嵌まらない! おそらく周辺を這っているコード類がすき間に落ち込んで邪魔をしているようだ。ようするに外したカバーが元に戻らずブラブラした状態になってしまったのだ!!


なんという大失態(<いつものことか) 幸い部品がたてこんでいる所なのでカバーが脱落することはないようだ。(崩壊したラピュタで木の根に助けられたパズーとシータの状態、ってわかりにくいか?)

ディーラーでプロがどういう作業するか見物だ。(しかしまた出費が…)