田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

2004年厚生労働省ではFDDが使われていた

 例の郵便割引制度悪用事件は検察特捜部の部長らが逮捕されるという異例の展開をみせているのだが、個人的に非常に気になるのは、中央官庁である厚生労働省でもフロッピーディスクが使われているという事実だ。
 うちの職場でもいまだに現役なのだが(笑)、まさか厚生労働省でも使っていたとは。事件は2004年だったらしいので当時としてはまだ使われていても不思議はない気もしなくはないのだが。


 現在はどうなのだろう。さすがにファイルサーバを使っているのではないかと想像するが、その後の「情報環境」が気になる。

 私と同じようなことに興味を持った方は他にもいらっしゃったようだ。

厚労省がフロッピーで仕事って本当でしょうか? - お気軽Q&A

 質問主のこのコメントが秀逸だ。

年金データの照合作業がすぐに出来ないのが、
妙に納得させられてしまいますね・・・


 ちなみに年内にフロッピーディスクは生産中止になるとの報道もあった。

FDDが2010年に生産終了(法人用パソコンは要注意) - BTOパソコン.com

 うちの職場でも周知する必要があるな。