読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Lubuntuのプロキシ設定

linux

プロキシを介してインターネットへ接続している LAN 内の Lubuntu 12.10 の設定を行った。メモしておく。Windows XP サポート終了を見越して試験的に導入してみたものだ。

 

 

まず、/etc/environment に以下のような記述をする。LXTerminal を起動して 'gksudo leafpad /etc/envionment' とするのが楽だと思う。(vi が苦手なものでw。私は最初 enviroment と n を抜かしてタイプして失敗してしまった。)

 

http_proxy=http:// myproxy.server.com:8080/
https_proxy=http:// myproxy.server.com:8080/
ftp_proxy=http:// myproxy.server.com:8080/
no_proxy="localhost,127.0.0.1,localaddress,.localdomain.com"
HTTP_PROXY=http:// myproxy.server.com:8080/
HTTPS_PROXY=http:// myproxy.server.com:8080/
FTP_PROXY=http:// myproxy.server.com:8080/
NO_PROXY="localhost,127.0.0.1,localaddress,.localdomain.com"

 

myproxy.server.com や ポート番号は環境に合わせたものに変えておく。プロキシへのアクセスがユーザにより制限されている場合は"http:// myproxy.server.com:user@site:8080/"の形式か。

 

次に設定したのが apt-get コマンドためのプロキシ設定。12.10 では以下の記述を /etc/apt/apt.d/01proxy にする。ターミナルで 'gksudo leafpad /etc/apt/apt.d/01proxy' として編集。

Acquire::http::proxy "http:// myproxy.server.com:8080/";
Acquire::ftp::proxy "ftp:// myproxy.server.com:8080/";
Acquire::https::proxy "https:// myproxy.server.com:8080/";

 

私は GTK3 プログラムを使わないと思ったのでしなかったのだが、Rhythmbox 等を使う場合は以下のコマンドをターミナルで入力するそうだ。

 

gsettings set org.gnome.system.proxy mode 'manual'
gsettings set org.gnome.system.proxy.http host 'myproxy.server.com'
gsettings set org.gnome.system.proxy.http port 8080

 

以下のページを参考にした。XubuntuUbuntu Studio でも同様とのこと。

xfce - How do I set systemwide proxy servers in Xubuntu, Lubuntu or Ubuntu Studio? - Ask Ubuntu

 

Microsoft の Windows XP の延長サポート停止があと1年にせまった。私が関係する箇所でも大量の廃棄PCが出る見込みだ。まだ使えるハードウェアを捨てるのがもったいない気がしたので、あまり使っていない古い XP マシンに実験的に Lubunt を導入してみたのだ。

Lubuntu は UbuntuGnome を LXDE に置換したもので Pentium II でも動作する。古めのPCには適したディストリビューションだ。メモリ消費量などが少ない反面、GUI の設定ツールが通常の Ubuntu などと比べるとやや貧弱のような気がする。仕方のないことではあるが。

 

XP サポート終了に向けてもう少し試験的運用を続けてみる。