田舎者Yの日記

片田舎の元バイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

(海外からスパムコメントが続きましたので、しばらくコメントは承認制にします。)

例のビール瓶の件で思い出したこと

 ひょんなことから私は高校時代にやっていた柔道に最近また復活して、地元の柔道関係者から全柔連登録させられたり、紙上推薦といって昇段してしまったりしてしまった。
 一方、これまた縁あって一時期、空手のサークルの手伝いもしていた。私は空手の方は全然うまくならなかったし、今はほとんど縁遠くなってしまったのだが、幾分この競技の内情のようなものに触れることがあった。空手は流派が多い。拳が体に触れてはいけない寸止め系もあれば直接当てるフルコンタクト系もある。私は寸止め系の全日本空手連盟に所属するサークルを手伝っていたのだが、次回の東京オリンピックでの種目採択に本当に祝意を表したい。

 

 さて、長い前フリだったが全空連のサークルを手伝っていていろいろ気づいたことがあった。あるとき瓦割りの演武の準備を手伝ったのだが、あの瓦割りに使われる瓦は特殊なものなのだ。裏側に縦筋があって若干割れやすくなっている。「試割り瓦」で検索するといろいろ結果が表示されるので知りたい方は検索してみるとよいかも。

 

 さてさて、本日の話題はビール瓶である。この記事を書いた時点では説明がいらないと思うが、某横綱が酔ってある力士の頭をビール瓶で殴ったという件だ。これは非常に危険な行為だ。昔の映画やギャグ番組でビール瓶で頭を殴ると瓶が粉々になるというシーンがあったが実際にはあんな風にはならない。あんなに簡単に割れてはそもそも液体の運搬には適さないだろう。映画や芝居で使われるビール瓶は飴製だったりして買うと高いものらしい。必要ならば自作してみてはという問答が載っていた。

映画のワンシーンで使われる、撮影用の割れるビール瓶を製作したいのですが、自... - Yahoo!知恵袋

 

 ビール瓶といえば昭和生まれの私はすぐに火炎瓶を思い出してしまう。学生運動が機動隊などに火炎瓶を投げるシーンなど、当時のニュースに日常茶飯時に流れていたが、検索してみたらなかなか見つからない。多分以下の動画で学生が投げているのは、ビール瓶などによる手製の火炎瓶だろう。(1:40あたり)

youtu.be
爆弾が作れるくらい硬いものなのに頭を殴ってしまった、というのはやはり映画の影響とかあったのだろうか。とにかく瓶は硬い。頭などを殴ったら悲惨な結果にあるので絶対にやってはらなない。

 それにしてもくだんの横綱はたしか大学院に入学していたはず。大志を抱いていたはずだ。

日馬が法大大学院合格 史上初の院生横綱 - 大相撲ニュース : nikkansports.com


 検索してみたら法政大大学院か。(あ、某横綱って書いた意味が)
 このような行為がどのような結果を招くか理解できるはずだ。酒の席との報道もあるが酔っての行為で正常な判断ができなかったのだろうか。だとするとお酒もおそろしいもんだ。実を言うと私は最近ほとんど酒を飲んでいない。付き合いで飲むことがあるので、だいたい月にビール瓶で2本くらいの酒量である。最初はもの足りなかったが、今は慣れた。

 

 とにかくビール瓶は液体を運ぶのに適しているし、酒量の例示には便利だし、あまりおすすめできないが場合によっては爆弾にもなる。決して頭を殴るものではない。