田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

映画「ファウンダー」みてきた

 全然熱心な映画ファンではないが、私は毎年盆暮れの休暇には映画をみている。たまにしかみないので、できればハズレは引きたくない。小心者の私は世間の評判を気にして前田さんの超映画批評とか町山智浩さんの話とか検索してみる。(一般的な「世間の評判」とズレるかも)
 ちなみに昨年の夏に自分の娘にメチャクチャすすめられてみた「君の名は。」は非常によかった。娘の推薦がなければ60近いオッサンの私は青春アニメ映画(?)なんか絶対みなかっただろう。娘に今でも感謝している。

 この夏は自分の食指が動く映画がなかったので前田氏や町山氏が紹介していた「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」をみてきた。ミニシアターというのだろうか、自宅からそれほど遠くないところの小さな映画館、シネマテークたかさき でみてきた。自分にとってはこれもまた無茶苦茶良かった!

 

www.youtube.com

  画像をみれば誰にもわかるがマクドナルドの創業時の実話を元にして作られた映画だ。多少の演出や誇張もあるだろうが、おそらくはほとんど実話なのではないだろうか。いずれにしても大々的に宣伝をするわけにはいなかい内容だな…と素人ながらこの映画のプロモーションを心配した。だからこそいわゆる独立系のミニシアターにかかっているんだろうけど。

 町山氏が出演しているTBSラジオ「たまむすび」の書き起こしをしているサイトがある。これをみればあらすじは理解できるだろう。逆に何の先入観も持たずにこれからみたいという方は読まないほうが良いかも。

町山智浩 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を語る

 

 見終わってみて、「正直者がバカみるのが現実なんだよな」とも「みんな幸せを目指して一生懸命やっていて、第三者からみると不幸に陥るようにみえることはあるよな」とも考えた。

 前田氏はブログのなかで「学校の教材に」とすすめておられるが、まさにそのとおりだと自分も思う。

超映画批評「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」85点(100点満点中)

 

 ところでこのミニシアターでは映画本編の前に流れた予告編で、オダギリジョー出演の日本・キューバ合作映画「エルネスト」が紹介されていた。

www.youtube.com

 オダギリジョーキューバといえば巨費を投じた割には一度も変身しなかったと言われる伝説の仮面ライダークウガの最終回である。

 ま、これは私のこじつけだが、それにしてもオダギリジョーチェ・ゲバラを取り巻く日系人を演じた「エルネスト」も非常に気になる。絶対見に行こうと今からワクワクしている。

 私はスペイン語の学習を相変わらず続けているのだが、セリフを少し聞き分けることも学習の目標になる。
 上のリンクの予告編動画ではオダギリさんはおそらく "Quiero ser como te." と言っているようだし、ゲバラ役の方は "Ese es tu nuevo nombre." と言っているのではないかと思われるシーンもあった。とにかく出演者のスペイン語にも私は注目している。