田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

タバタ式トレーニング

学生時代に柔道部に所属していた私は、ここのところ地元の柔道連盟の方々のお世話になっていて、行事のお手伝いもしている。柔道界もめまぐるしく変化している。不祥事や死亡事故多発の批判を受けて様々な改革も始まったところだ。指導者資格の改革もその一つ。二十年くらい前は柔道の指導者資格なんて無いに等しかったが、今は指導者養成講座を受講し、試験に合格しないと指導者資格を得られない。また合格しただけではダメで定期的に講習会等に参加して更新条件をクリアしないといけない。

地元の柔連のお手伝いをしていて、うっかり(?)C指導員の資格を取得してしまったので、資格更新講習に参加しなければならなくなってしまった。昨年の資格養成講座に続いての受講だ。

 

今回の講座はほとんど昨年の講座と似ていたのだが、いくつか異なる点もあって個人的にいくつか指導のヒントをもらった。その中で知ったのは「タバタ式トレーニング」だ。最近のトレーニング理論にも私はとんと疎いので帰宅後に調べてみた。20秒間全力で運動し10秒間休憩する、これを8回(計4分間)行うことを基本とするトレーニング方法のようだ。以下のページに詳しい。

nikutai-repride.com

 

昨日から早速初めてみたのだが急にはじめたものだから筋肉痛になってしまった。日頃から運動していない報いだろう(地元の柔道教室では子どもたちに指示するくらいで自分はほとんど動かない)。明日痛みが収まったら再開したい。

 

タバタ式トレーニングを私もやろうと思ったキッカケは先週土曜日にNHKの番組で「血糖値スパイク」なるものを知ったため。番組中の判定テストで私は「リスク高」に判定されてしまったからだ。週3日運動していないことが大きく影響したと思うのだ。

www.nhk.or.jp

 

いきなり筋肉痛になってしまったが30秒8セットならば毎日できそうな気はする。頑張ってやっていきたい。