田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

iPhone紛失モード

 職場に iPhone を置き忘れてしまった。私はいわゆるマイカー通勤で、運転中は携帯を触らないようにしているので帰宅するまで全然気づかなかった。仕事で携帯を使うことはほとんどないので職場に置いてきたことは確かだったのだが、「iPhoneを探す」という機能があったことを思い出したのでトライしてみた。ブラウザで iCloud.com にサインインして実行するだけなので非常に簡単であった。

iCloud - iPhone、iPad、Macを探す - Apple(日本)

 

 やはり地図には私の職場のあたりが表示された。本体のバッテリー状態も表示されるのには驚いた。翌日無事回収したのだが、探している途中、iPhone を「紛失モード」にする、というスイッチがあることに気づいた。設定してみたところ、「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」とともに電話番号が表示されていた。

f:id:m_yanagisawa:20151110080143j:plain

 この電話番号は紛失モードに設定するときに訊かれる電話番号だ。私は発信ボタンをタップしなかったのだが、おそらくロックされた状態でもこの電話番号にかかるのだろう。悪意のある人に拾われたら意味がないかもしれないが、おそらく大概の人は電話してくれるのではないだろうか。こんな設定があるとは!ちょっと驚いた。これならば安心してiPhoneを忘れることができる。(いやウソです)

 この表示されたメッセージは上の Apple のサイトにある画像のものと若干異なる。私のは iOS 9.1 なのだがバージョンアップで改変が行われたのかもしれない。また地図に表示された iPhone の推定位置は実際とは200mくらいずれていた。いろいろ原因は考えられるが、私が置き忘れた場所が鉄筋コンクリート内の窓の少ない場所だったからかもしれない。おそらくは iPhone が受信した GPS からの位置情報を元に推定しているのではないだろうか。

 ちなみに言うまでもないことだが iPhone 本体で位置情報サービスをオンにして、iCloud にログインした状態で「iPhoneを探す」もオンにしておく必要がある。iCloud のログインIDとパスワードも知っておく必要がある。

 

 本件とは話題がずれるのだが、先日ある青年から iPhone の様子がおかしくなったと相談を受けたことがあった。(私はパソコンに詳しい人として、いろいろ相談を受けてしまう)私はショップへ行けとアドバイスしたのだが、ショップの人に、お客様のお持ちのPCで出荷時の状態にする必要がある、と回答されたそうだ。おそらく使用規定上そういうものなのかもしれない。彼に聞いたところ何と自宅にPCも、ネット環境もないとのことだった。パスコードロックもしておらず「バックアップ?なにそれ?」という状態だった。情弱という言葉を聞いたことがあったが現実にこういう人もいるんだな、と驚いてしまった。
 私はその人と全然親しくないので「友達に相談してみたら」と冷たく返答をしてしまったのだが、あとで聞いたところ友人宅のPCとWifi環境で、出荷時に戻して iOS のバージョンアップをしたらしい。おそらく iOS 9.1 のバージョンアップ過程でハングしてしまったのだろう。しかし Wifi を使わずにキャリア回線で iOS バージョンアップを、バックアップもせずにし続ける人もいるのか。おそらくこういう人は「iPhone を探す」という機能も使えないんじゃないかなと、うっかり者の自分を差し置いて、心配になった。