読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Build 10525 でエラー 0x80310052

computer

 前回の記事の続きである。Windows 10 Insider Preview を今更ながらこの9月になってからインストールし Build 10525 までアップグレードすることに成功した。ところがローカルホストにサインインしてみて気づいたのだが、新しいビルドが入手できない状態になっていた。スタートメニュー→「設定」→更新とセキュリティ→Windows Update の「詳細オプション」とクリックしていくと「修正」と表示されてアカウントを確認する必要がある旨のメッセージが表示される。Insider Program のサイトで作成したアカウントと関連付けようと画面のリンクをクリックしていくと最後にはエラー 0x80310052 が表示されて止まってしまう。


 いろいろと検索してみたが、私の場合は下記のページの情報で解決した。

Another case of "fix me" with 0x80310052 - how I broke it and - Microsoft Community


 実は私は、RTMWindows 10 やら Linux のいくつかのディストロとデュアルブートさせるために EasyBCD を使っているのだが、これでブートローダをカスタマイズしていると、このエラーが発生するようだ。ブートローダMicrosoft オリジナルのものに戻しておく必要がある。

 手順は以下の通り。

  1. デスクトップで「Windows キー」+「X」をクリックする。管理メニューが表示されるので「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックする。
  2. コマンド「bcdboot C:\Windows」を入力して Enter。
  3. 次に起動メディアで起動する。私の場合は iso から Insider Preview インストール DVD を作成しておいたので、それで起動する。起動したら言語やキー配列を選ぶ前にすぐ 「Shift +F10」を押下するとコマンドプロンプトが現れる。
  4. そこで以下のコマンドを順に入力する。
bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /scanos


 その後、再起動して再びサインインすると Update できる状態になっているはずである。
 私はしばらくはこの状態で使ってみようと思っている。