田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Windows8のChromeで復元が要求される件

 Windows 8.1 でログオン(サインイン)して Google Chrome を起動させると毎回次のようなメッセージが表示される。

 

前回のセッション中に Google Chrome は強制終了されました。開いていたページをすべて復元するには、[復元]をクリックしてください。

 

 私は Windows 8 を 8.1 にアップグレードして使っているのだが、8 のときからこのような状態だった。私は少し特殊な状況で Windows 8.1 を使っている。BIOS 起動のシステムの HDD に Windows といくつかの Linux ディストリビューションをマルチブートさせているのだ。Linux から Windows 8(8.1) をマウントできるように高速スタートアップを無効にしている。しかし以下の記事を読むとそれが原因ではないと思われる。

 

「Google Chrome(グーグルクローム)」で毎回復元を要求される時の対処法 | nanapi [ナナピ]

 

 nanapi の記事では Chrome の現在のユーザを削除するようにすすめているが、私は Chrome をいくつかの PC やモバイルデバイスで同期させて使っているのでそれもしたくない。

 

 おそらく Windows をシャットダウンさせるときに、バックグラウンドで動作している Chrome 関連のタスクが終了しないうちに Windows がシャットダウンしてしまうのが原因だろう。タスクマネージャで Google Chrome のタスクを終了させてから Windows をシャットダウンすると次回ログオンして Chrome を起動させるときに復元を要求されないようだ。

 

f:id:m_yanagisawa:20140506163436p:plain

 

 タスクマネージャで強制的に終了させなくても Chrome を終了してしばらくするとバックグラウンドで動作しているタスクも終了するようだ。タスクマネージャを眺めていて気がついた。

 本来は Chrome を終了させて数分システムを放っておいてから Windows をシャットダウンさせたほうが良いのかもしれない。しかしそう悠長に待っていられないので、しばらくはタスクマネージャで強制終了させてからシャットダウン、というのをやってみようと思う。

【追記】

タスクバーの右端の通知領域で Google Chrome のバックグラウンドでの実行を終了させたほうが確実のようだ。そちらのほうをおススメする。