読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

異字体のフォント

前エントリーの続きだが、すでにコンピュータで漢字の異字体を表示することのできるフォントがあることをOSCで知った。IPAmj明朝フォントだ。2011年に既にリリースされていた。

OSS界のちょっと気になる話(1):どんな人名も正しく表示? IPAの新フォントを試そう! (1/2) - @IT

 

Windows XP/ Office 2003 では扱えないらしい。Windows 8 では問題なく扱えるとのこと。 Linux も扱えるらしいが漢字を検索するツールがないとの説明があった。もうちょっと調べてみたい。

(参考)  Documentation/OpenOffice.org Seminar - OpenOffice.org_Document_Project_Wiki

 

それにしても私はたまに職務で人名の入力をするのだが、十年くらい前から若年層の氏名の入力が辛くなった。全然名前が入力変換で見つからない。ほとんど単漢字変換に近い。IPAmjフォントで外字を設定する必要がなくなりそうだが、名前の入力の煩わしさは増大する予感がして憂鬱だ。