田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

最近のNHKラジオ外国語は半年単位なのか

ただし英語以外のようですが。

 

仕事の都合で中国語話者とスペイン語話者に接する機会があるのでNHKラジオの中国語講座スペイン語講座を聞いているのだが、4月に開始された講座が9月に終了するので、半年単位だということに気づいた。うちの子どもが聞いていた基礎英語は通年講座だったが。放送時間帯が近いので、ドイツ語、フランス語とイタリア語もたまに聞くことがあったがそれぞれ9月にいったん終了して10月から新講座が開始されるようだ。私は大学生の頃、ドイツ語とフランス語を聞いていたがたしか通年の講座だったような気がする。どうしてなんだろう?大学が二期制だからだろうか(講師の先生は大概大学の教授のようだ)。

昔よりは短期で「入門編」が終わるので、特に6月から9月頃にかけて急に難易度が上がるような感じがする。覚えなければいけない文法事項も毎回のように増える。私としては通年講座にもどしてほしい感じがするが、そうはいなかのだろうな。

 

中国語講座について言えば、三宅先生のユーモラスな語り口もよかったが外国語講師が異彩だった。劉セイラ先生は日本語が堪能で多芸。まさかニコニコ動画で有名なパンダ氏だとは!またどこかでお声を拝聴したい。男性講師の李 軼倫先生は眼光鋭く見た目は怖い感じだが、聞きやすい声で反復するときは必ず間を入れてくれる、初学者への配慮のある先生だった。日本語も堪能の方のようだ。

 

 

 スペイン語講座では講師の菅原先生が外国人講師のファン・カルロスさんにいろいろ聞いていたけど自分の情報についてはスペインに留学していたこと以外はほとんど話さなかったのがウケた。個人的には、菅原先生のプライベートが気になる。いずれは彼女の書いた入門書を読むことがあるかもしれない。

10月からは新講座で講師陣も一新されるようだが、また初心に返って頑張りたい。