田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Facebookやってるんですが

Facebookをやっている。たしかまだ日本語に対応していなかった頃から。最初は帰国した米国人に教えてもらった。いつでも世界中のどこにいても近況がわかるのはすばらしいと思った。私の知り合いの欧米人がほとんどアカウントを持っていたのには驚いた記憶がある。

下手の横好きで Linux 系の勉強会に何回か参加した。IT技術者のほとんどが Facebook アカウント持っている、と思ったのが5年くらい前。持ってない人も当然いるのだが、IT関連の友人が Facebook で芋づる式に増えていった。徐々にリアルの世界での友達も増えていったのが数年くらいまえか。正直あまりありがたくない友人申請もあった(よく知っている人なので申請を許可しましたが)。最初は外国人の友達だけだった私の Facebook 歴はちょっと特殊かもしれない。

 

IT関連技術者の友達申請が増えていった時に一度もお目にかかったことがない人の「友達」も増えていった。中には年配の方もいる。その中にちょっと変わった方がいた。彼の Facebook の友達のほとんどが若くて美人の女性ばかりなのだ。Facebook はご存知の方も多いと思うが、友達の友達を「友だちではありませんか?」と候補者として画面に表示する。その年配の方を友人に追加したあと、しばらくは友達候補に美女が多く表示されることとなった。最初は何が起こったのかわからなかったのだが、友人たちの友達一覧をチェックしていて、この方の友達がほとんど若い美女だと気づいた。

 

ちょっと大丈夫なんだろうか。

Facebookでなりすまし友人申請に注意 3人以上承認するとアカウント乗っ取りのおそれも - ITmedia ニュース

美女アイコンを掲載して架空の女性になりすましてしまうという話を聞く。Facebookはパスワードを忘れた時のために友人3人の協力でアクセスパスワードをリセットできる。その3人が仮に一人の人物のなりすましアカウントだったら、簡単に自分のアカウントを乗っ取られてしまう。

 

私の「友達」の年配者は本当に本人なのだろうか?

Facebook こわいな、と思うことがある。