田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Debianテスト版(jessie)で固定IPを設定

前回書いたような方法Debian のテスト版 (jessie) のインストールに成功した。ローカルネットワークで固定IPを振るのに苦労したのと、音の再生に問題があったのでメモしておく。

AMD製のM/Bを使用しており、インストールの途中のネットワークカードの認識の段階でファームウェアが見つからない、とのエラーが発生した。エラーメッセージが表示されながらもなぜか NIC が認識されたようでインストールが終了した。そのような不具合(?)の影響もあったかもしれない。

 

(1)network-manager の設定ができなかった

インストール直後、他のディストリビューションと同様にGNOME画面の右上にネットワークのアイコンが表示される。通常は右クリックしてネットワークの設定ができるはずなのだが、設定ウィンドウがグレイ・アウトして("Unmanaged"と表示された )編集できなかった。いろいろ検索して以下のページを見つけた。

 NerdyRoom™ 》 Wired Network "unmanaged" in Network Manager

 

 /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf  を編集し、

[ifupdown]
managed=false

となっている 'false' の部分を 'true' に書き換え、

/etc/init.d/network-manager force-reload

とサービスを再起動すると編集できた。Fedora 18, Ubuntu 13.04, openSUSE 12.3 では発生しなかった事例だ。手動で network-manager の設定はもう推奨されないということなのだろうか。

 

(2)音が出なかった

おそらくインストール当初 linux-firmware-nonfree をインストールしなかった影響かな、と素人考えて想像した。とにかくインストール直後は音が出なかった。

たしか linux-firmware-nonfree をインストールして何とか Analog Stereo Output で音が出るようになったのだが、今度はログイン直後にいつもスピーカがミュートの状態になってしまった。

 

試行錯誤の後、"sudo alsactl init" でスピーカがミュートにならなくなった。なお alsactl コマンドは alsa-utils パッケージに含まれているようである。

 

もしどなたかの参考になれば幸いである。