読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

クルマの鍵を洗ってしまった

car

 おっちょこちょいなのでいろいろなものを衣類と一緒に洗濯機に入れてしまう。運転免許証、保険証、サイフ、図書館の貸し出しカード等々。一番悲惨だったのは万年筆。ワイシャツにインクが染み付いてしまった。それ以来私は万年筆を使っていない。最近は気をつけていたのでしばらく失敗はなかったのだが、今日はクルマの鍵を洗ってしまった。プジョーの時は一度もなかったので中古で買った今のクルマには愛がないのかもしれない。


 最近のクルマはキーレスエントリーの電波発生装置がついているので放っておくとよくないかと思って分解してみた。実は以前電池を交換したことがあった。
 プジョーのときはネジの形が違っていたので(おそらくポジドライブ)分解しなかったのだが、私の古いホンダ フィット(DBA-GD1)は比較的簡単に分解できる。(といってもユーザが分解することはメーカ非推奨だろう)
f:id:m_yanagisawa:20111029191921j:image:right
 フィットのキーの内部は基盤がゴムカバーに覆われている。おそらくちょっとした防塵効果はあるのだろう。洗濯機で小一時間洗ったものだからカバーの内側までしっかり水が入っていた(涙)。エアスプレーでよく水気をきって組み付けた。組立後実際にキー操作をして正常に動作することを確認した。


 プジョーの時はイモビライザーがついていたこともあって非常に分解しづらそうなキーだったが、私のフィットのキーは「分解してください」と言わんばかりの蓋をこじ開けるための切り欠きなどもあって分解・組み立ては非常に簡単であった。こういうところは国産車の利点かもしれない。