読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

茂木さんが一喝された件

 スティーブ・ジョブズが亡くなった。自分とはまったく関係のない方ではあるがショックである。昔マックユーザの端くれだったので、まったく関係がないわけではないんだが、私がマックユーザだった頃はアップルの会長はジョン・スカリーだったので、やはり自分にはあまり関係のない人だ。

 これまたあとで知ったのだが茂木さんが西さんに一喝されたらしい。以下のサイトがよくまとまっている。動画を見ながら嫌な気分になる。

 すくいぬ 茂木健一郎「Windowsは糞」 ← 元Microsoft副社長の西和彦氏が生放送中にブチギレ


 西さんがキレルのは当然だ。Windows の開発に携わった方なのだから。でもかつてのマックユーザとして茂木さんの言うことはよくわかる。はっきり言って私も Windows が糞だと思っていたからだ。例の動画を見ているとまるで自分が一喝されたような気分になる。
 はてなブックマークを見ると、マックの良さを言うのに Windows を貶める必要はないじゃないか、という意見を多く見る。これだからアップル信者は…という蔑みのコメントも。でもね、あの頃を知っている人はまさに Microsoft と Apple の戦いだったということを肌で感じていたと思う。Microsoft は暴利を貪り不良OSを売りつける悪の帝国だった。
 私のような素人にはわからないが、おそらく Microsoft は批判されつつも徐々にそのOSやアプリケーションを改良し続けたのだろう。その後のシェアを見れば Apple の負けは一目瞭然。世のPCはほとんど Microsoft Windows になった。おまけ Apple は仇敵の Microsoft に財政的支援を受けることとなった…。

 下記の記事が興味深い。

ジョブズとぼくらは勝ったのか? - はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記


 糞といいつつも毎日のように Windows を使っている自分を我ながら情けないと思う。Windows を使っていて思うのだが本当にWindows 2000 以降のものは良くなった。(ただし Me と Vista は除く。)そんな現在でも Microsoft を好きになれないのはかつて Macintosh を使っていたせいではないかな、とも思ったりもした。


 それにしてもジョブズさんは最初から皆に好かれていたわけではなかった。そのことを下記の記事を読んで思い出した。

 毀誉褒貶の中を生きたジョブズ:日経ビジネスオンライン

 それから下記の記事。一緒にアップルで働いていた方の記事である。世間一般のジョブズ像とは正反対の実像が感じられる。

 Steve Jobs の思い出 | まつひろのガレージライフ


 いやぁ、ジョブズってすごい人だったんだな、と関心していると下記の記事が目にとまった。

 yebo blog: スティーブ・ジョブズとRMS

 やっぱストールマンってすごいや。