読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Excelの互換性の無さに困っている

 うちの職場では予算の都合で最新のソフトを次々と導入することができない。特に Microsoft Office は 2003 と 2007 が混在している。(当分 2010 は導入されないだろう。ようやく 2000 は使われなくなった)

 Office は 2007 より保存形式がそれ以前のバージョンとは異なる形式となった。Excel でいえばファイルの拡張子が xls から xlsx になった。
 保存形式が変更されてもいわゆる上位互換で、Office 2007 では 2003以前のファイルは開くことができるし、またその逆も拡張機能をインストールすれば、2003系でも2007以降の保存形式のファイルを開くことができる。特に問題はないだろう、と思っていた。


 ところがである。この互換性が完全ではない。Wordなどではレイアウトが異なったりする。レイアウトが崩れるのは仕方がない(本当はそれでも困るが)。問題は Excel2007 で xls 形式で保存したファイルが Excel2003 で開くことができないことが発生することだ。複数のPCでそういう現象が発生しているのでPCの設定によるものではないと思われる。

 Office2007 で 2003形式による保存を実施する際には互換性が失われるという警告がでることがある。なので仕方がないことなのしれない。それにしてもExcel2007で マクロも図形要素も何も使っていない単なる数表をxls形式で保存したら、Excel2003で開くことができない なんてどういうことだろう??複雑な数表ならともかく単純なデータのみのファイルなのだが…。

 おそらく互換性を妨げる何らかの要素が数表に含まれているのかもしれない。職場ではExcel2003 で開くことができるファイルとできないファイルがある。


 いずれにしても非常に困るな…。個人的に自宅では LibreOffice を使っているのだがこちらは Microsoft Office のファイルは開ける。(ワープロ系のファイルは表などのレイアウトが崩れることはあるが)

 うちの職場も LibreOffice を導入しないかな…と思ったりしている。