田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

温度センサーで秋を感じる

 我が家は埼玉県熊谷市に隣接する地域にあるのだが、連日の猛暑で疲れる。8月の初旬にちょっと気になって Ubuntu の温度センサーをインストールしてみた。

Ubuntu 10.04 でHDDの温度表示 - 山河に在りて

 朝起きるとPCのスイッチを入れるのだが、徐々に表示される温度が下がってきた。以前だと電源を入れて1、2分で M/B が40度を越えていたが、その時間も3分くらいになってきた感じ。HDD や CPU、GPU の温度も表示されるのだが、それらも以前よりは低め。暑い盛りにスクリーンショットでも撮っておけばよかったと思った。

 このセンサー(ソフトウェア)の理屈は知らないのだが、おそらくは電流、電圧から抵抗を計算して、抵抗値の変化から温度を割り出しているのではないだろうか。正確ではなさそうだが、大体の温度の傾向はわかる気がする。


 気がつくと、朝からやかましかった蝉の声が虫の音に変わっている。もう秋が来ているのかもしれない。