田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

私はスポーツが大嫌い

 ここのところ週末になると専業農家の義父の手伝いをしている。大した手伝いではない。出荷の荷物運び程度である。しかしそのせいか月曜の朝は腰が痛い。運動不足のせいもあるかも。


 私の拙い日記にも定期的にアクセスされている方もいるようで嬉しい限りなのだが、ここでも度々書いているのだが、私は野球が大嫌いだ。子どもの頃はよくテレビでプロ野球観戦をしていたので自分でもどうしてこれほど嫌いになったか不思議だ。主には酒に酔って野球を見て試合結果によっては子どもたちにあたり散らした父親の影響が大きいとは思う。野球を巡る様々なスキャンダル、あるいは例えば高校スポーツに置ける野球の特別な存在感にも嫌気がさしたのかもしれない。


 それから、これは言いにくいが、スポーツにハマりこんでいる人たちのアホさ加減。もちろん賢明な方も少なくないが、視野狭窄とでも言うのだろうか○○バカというのに近い御仁も少なくない(○○は競技名のつもり)。


 次のツイートはプロゴルファーによるものらしいが、飽きれた。本気でそう思ったのかな。



 この話にはひょっとしたらネタ元あるのかもしれない。こちらはその解説記事

謎の化学物質(C6H12O5)2の恐怖 - Not so open-minded that our brains drop out.


 実は職場のスポーツ愛好家から体調がよくなる(?)ネックレスを勧められて困ったことがあった。そんなゲルマニウムだかチタンだか何かしらんが、そんなものを首に巻いて調子がよくなるわけはないだろう。もしそうなら、きとんと論文にまとめて学会の査証を受けたらよい。

 私はほとんどテレビを見ないので知らなかったのだが、テレビなどでも広く宣伝していたらしい。プロスポーツ選手にも愛好家が多いらしい。(そういえば大リーグでも首に何やら巻きつけて投球するピッチャーもいたなw)

 スポーツにのめり込んでいる人の間には自分で考える、想像するというのを放棄しているとしか思えない方々をたまに見かける。


 これだから私のスポーツ嫌いはなかなか終わらない。