田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

iOS4 アップグレードでハマった

 iPhone 3GS を使っている。昨日 iOS4 にアップグレードしたのだが、ちょっとハマった。普段 Ubuntu 10.04 を使っているのだが、Windows アプリは VirtualBox 上のゲストOSの Windows XP を使っている。私の VirtualBox は USB デバイスの使える OSE ではないものだ。(以前は Sun のロゴだったのだが、前回のVBのバージョンアップで Oracle に変わってビックリした。M&Aされたから当たり前なのだが)

 そのゲストOSの XP で動作している iTunes でインストールしたのだが、iOS4 をダウンロードしてインストールを実行しようとして突然 USB デバイスが反応しなくなってしまった。断線した状態になってしまったのだ。iPhone 側は iTunes と表示されたコネクタの図が表示されたまま、全然反応しなくなってしまった。私はパニック状態に陥ってしまった。(なぜこうなったのか全然わからなかった。長時間かかっていたのでひょっとしたらスクリーンセイバーとかが影響したのだろうか?)


 仕方ないので、iTunes を入れてある Windows XP の古いノートを引っ張りだし、そちらで復元した。出荷時の設定に戻り、連絡先がマッサラになったときはさすがに青くなった。

 VB のゲスト の XP を再起動し、マイドキュメントのマイミュージックにある iTunes の設定情報を Samba を介して 古い XP ノートへ移植し、再び古いノートから 復元して、なんとか数週間前の状態には戻った。


 私は OS 3.1 からのユーザで 3.x 系のバージョンアップは経験したことがあったのだが iOS4 へのアップグレードがこうなるとは想像できなかった。もし次があれば(もうないかな)データのバックアップは必ずするようにしたい。それから、iTunes は仮想環境ではなく、ネイティブ(?)の状態で動作させないと不具合が発生するときがあるようである。

 何度めの教訓だろう>自分