田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

排水パイプを掃除した

 今日は都合で休暇である。普段使っている2階の洗面台の排水がよくないので排水管を外してみた。2,3年前に新品のパイプと交換したものである。ごっそりと何かが出てきた。


 写真でも撮ろうかと思ったが、あまりに気持ち悪いのでやめた。最初は子どもが正月の餅でも詰まらせたのかな、と思った。お餅のようにネバネバの塊であった。

 どうもバイオフィルムというやつかもしれない。

バイオフィルム - Wikipedia

バイオフィルム、菌膜(きんまく、Biofilm)とは、微生物により形成される構造体。
(中略)
身近な例としては、歯垢や台所のヌメリなどがある。自然界にも広く存在し、基質と水があれば、あらゆる場所に存在する。たとえば、水中の石の表面についている膜状のものなどが当てはまる。バイオフィルム内では嫌気性菌から好気性菌まで様々な種類の微生物が存在し、その中で様々な情報伝達を行いながらコミュニティを形成していると考えられている。異種微生物間の情報伝達物質としてクオルモンが注目されている。


 結構な量があって排水パイプを詰まらせていた。パイプを外してホースで水を勢いよく通したら、反対側からごっそりと出てきた。ちょっとキリタンポを想像した。
 詰まりをとったら快適に流れた。


 しかし、何でまたこんなにたくさん詰まったのだろう。原因と思われることは二つある。


 一つは、ここ1年間、洗口剤を使っていたこと。ちょうど1年くらい前、私は歯の痛みに悩まされていた。膿がたまって頬が腫れたこともあった。毎日歯磨きをしていたのだが、そうなってしまった。効果があるかわからなかったのだが、洗口剤を使うようにしていた。(ちなみに今はリステリンを愛用している)そのせいかわからないのだが、ここ1年くらいは歯痛がなくなった。洗口剤は中には甘い味のものもある。ひょっとしたらそれがパイプ内の菌の繁殖に影響したのかもしれない。


 二つめは、この洗面台でヒゲを剃らなくなったこと。以前私は電気カミソリを使っていたこともあったのだが、結婚してからはカミソリを愛用している。そのほうが肌に優しい感じがするし剃り残しが少なくなるからだ。
 髭剃りをしなくなったことで排水パイプを流れる水の量が減ったことも、これまた詰まりの原因になったと思う。


 髭剃りをしなくなったといっても、その洗面台でやらないというだけだ。最近私はヒゲを入浴時にお風呂場で剃っている。肌が柔らかくなっているので深剃りができることと寒くないからだ。私が普段使っている洗面台はお湯が出ないので、朝の髭剃りは寒くてつらい。

 これからは帰宅後に洗面台で剃ることにしようか、と迷っている。