田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Ubuntu 9.10 でリモート・デスクトップを使ってみたのだが

 定期的に話題を書いているのだが、自宅で Ubuntu を使っている。現在はメインのPC には Ubuntu 9.10 をインストールしている。私のメインPCは、自作PC(正確には 組み立てPC)なのだが、えらく寒い場所にある。私は Ubuntu を使うときは室内でコートを着て、手袋をしてキーを叩いている(笑)。CPU のためには良い場所だとは思うが、ユーザ(人間)にはやさしくない環境だ。


 別に Windows XP のノートと Buffalo 製の古い無線ルータを使っているので、XP のノートPC で暖かい部屋からウェブへアクセスできる。しかし、Ubuntu のメールクライアントを使っているので、Ubuntu を使わざるを得ない。何とかできないだろうか、と思いたち、Ubuntu のリモート・デスクトップを設定してみた。設定は簡単にできたが、描画が遅くて使い物にならなかった。キーワード検索で私の日記に来る方もいるようで、ちょっと申し訳ないが、うまくいかなかった事例も書かせてもらう。ただし設定自体はうまくいっているようだ。


 設定は Ubuntu なので超簡単である。メニューバーで [システム]→[設定]→[リモート・デスクトップ]と選択して、「他のユーザが自分のデスクトップを表示できる」にチェックを入れるだけだ。私は上記のようなことなので、「操作できる」にもチェックした。


 XP側で VNC 用のソフトをインストールしてみた。私の場合、UltraVNC の日本語版を入れてみた。簡単にインストールされてアクセスもできた。Windows側からアクセスしようとすると、Ubuntu でログインしてあるデスクトップに接続を許可するかどうかのメッセージが表示される。許可をクリックすると Windows のデスクトップに Ubuntu のデスクトップが表示された。ここまではうまくいった。

 Windows から Ubuntu のデスクトップが操作できているようなのだが、私の場合、Windows 側の場面が逐次変化しない。UltraVNC を起動した画面のまま変化しないのだ。Windowsの画面は変化しないのだが、Ubuntu 側ではクリックに反応してアプリが起動したりしている。操作そのものはできているようだ。ひょっとしたら Windows のウィルス対策ソフトやファイアーウォールが影響を与えているのかもしれない。また後ほど挑戦してみたい。

(追記)
 FreeNX を使ってリモート操作がうまくできた。
 Ubuntu 9.10 を FreeNX を使ってリモート操作した - 山河に在りて

面白い失敗

 私の Ubuntu には virtualbox がインストールされていて、ゲストOS として Windows XP がインストールされているのだが、ちょっと面白い失敗をやらかした。

 前項のように UltraVNC がうまく作動しないので、無線回線が遅いせいかと思ったので、ゲストOS の XP にも UltraVNC をインストールしてみた。ゲストOS ならば同じ PC でホストOS である Ubuntu と同時に起動しているので、回線の遅さは影響しないだろうと思ったからであった。


 インストールは簡単にできた。アクセスもできた。しかし…


 アクセスした Ubuntu デスクトップには virtualbox が走っていたのだ、その virtualbox には ホストの Ubuntu のデスクトップが…


 本来ならば、この作画が永遠に巡回して、合わせ鏡のようにというか、TVカメラでそのTV映像画面を映したときのようにというか、同じような画像が繰り返し表示されるはずなのだが、 ゲストOS の XP の中の UltraVNC で接続のエラーが発生していて、マウスポイントがそのアプリケーションのウィンドウに入れない状態であった。ようするにうまく作動していなかった。

 以前、仮想環境のなかに仮想環境をさらに構築したという記事を見かけたことがあったのだが、それに近い状態だったのかもしれない。

 素人で何も考えずにいろいろとやってしまうことがあるのだが、失敗にも時々考えさせられることもある。