田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

週末の散歩で散歩の良さを実感した

 久々に散歩に出かける。ここのところ土曜日ごとに仕事が入っている。ちょっとストレスがたまっている。嗚呼、8月1日の秋葉原におけるUbuntuのユーザのオフライン・ミーティングに行きたかったな(涙)…、と思いつつ水田の畦道を一人散歩していた。
 稲穂を眺めつつ、田舎暮らしのLinuxユーザってそんなにいないだろうな…と一人悦に入っていると若干ストレスも消え去る気がした。


 この4月から某所で子ども達の柔道の面倒を見ている。最初は十年ぶりくらいの柔道だったので、面白がって真剣にやっていたのだが、左膝を痛めてしまった。内心、柔道をやめたいのだが当分はやめられそうもない(これまた涙)。

 散歩をすると少し左膝に違和感があるが、今のところ以前と同じように歩ける。柔道とは違って、散歩は体へのダメージが非常に少ない。それから冒頭にも書いたように体を動かしていると悩みも弱まる気もする。本当に散歩は健康に良い、と改めて思った。

 それから、便秘に悩んでいる人のエントリー記事を見たことがあるが、これまた散歩は便通にも非常に効果がある。多めの野菜と水分摂取それから散歩、これを心がけるようになってから私は一度も便秘になったことがない。珈琲が便通には効果的だとかなり前TVで力説している方を見た(名前は失念)。私は珈琲が大好きでその効果もあるかもしれない。とにかく珈琲飲んで軽く1時間も散歩すれば便秘も改善するのではないかと私も思う。


 今朝は散歩中にやたらと蜘蛛の巣が引掛かった。蜘蛛が巣を張るということは当分晴天が続く前兆かもしれない。
 今日は久々にバイクに乗ろうとも思った。