田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

virtualbox のゲストOSに Windows 7 RC を導入後、音が出なかった(解決済み)

 日頃から Linux デスクトップを使っている。Linux は慣れれば使い勝手が非常に良いし、お財布にもやさしい。しかし Microsoft Windows を使わなければならないこともあるので、普段は Linux 上の仮想環境に Windows XP を入れて、たまにそれを使っている。
f:id:m_yanagisawa:20090527055056p:image:right


 先日、自作 PC を作り替えた。 CPU を Core2Duo にし、 HDD 容量を 1TB にした。メインメモリも(若干少ないかもしれないが)4GB とした。PCの能力に余裕が出てきたので、これを機会にWindows 7 RC をダウンロードして使ってみた。ところが最初、音が出なくて苦労した。この顛末を簡単にまとめたい。それから肝心の Windows 7 であるが、私ははっきり言って Microsoft は嫌いだが(笑)、 出来栄えはなかなかのもだと思った。

virtualbox のゲストOSとしての Windows 7 には Realtek のオーディオ・ドライバ

 私は Ubuntu 9.04 をホストOSとして使っている。virtualbox は PUEL の 2.2.2 を使用している。もちろん、Windows 7 RC は Microsoft のサイトからダウンロードした。

 他のゲストOSと同様に仮想ディスクを作成するところから始めた。ダウンロードした Windows 7 のisoイメージを CD-ROM ドライブへマウントしてインストールした。ところがインストール直後、オーディオ・デバイスを認識しない。音が全然しないので焦った。


 検索すると、音の再生には Realtek の AC'97 Audio Codecs が必要であることがわかった。しかし私の場合、何度やっても、ユーザ アカウントの制御設定を最低レベルにしても、インストールが途中で止まってしまった。最初はどうしてそうなってしまうのか全然わからなかった。

アンチウィルスソフトが問題だったのかも

 いろいろやり直してみて、何とか音が鳴るようなった。インストールの順番を変えるとうまく行った。その手順は以下のようだった

(音が出なかったとき)
 Windows 7 のインストール → Guest Additions のインストール → アンチウィルス(AVG 8.5 Free)のインストール → AC'97 Audio のインストール(途中で止まる)

(音が出たとき)
 Windows 7 のインストール → AC'97 Audio のインストール → アンチウィルス(AVG 8.5 Free)のインストール → Guest Additions のインストール


 他のサイトで、 Guest Additions のインストールの後で AC'97 Audio Codecs をインストールに成功したという報告を見かけたので、個人的にはやはりアンチウィルスが原因だったような気がする。(確証はないのだが)

 ウィルス対策ソフトを導入する前に、サウンド・ドライバをインストールしたほうが無難であると思う。

 ちなみに AVG 8.5 free は Windows 7 でも使える無料のウィルス対策ソフトである。

Windows 7 は 動作が軽快に見える

 実際に使ってみての感想だが、Windows 7Vista と使い勝手が良く似ている。しかし Vista よりは動作が軽快である。うちのカミさんのノートは Vista の Home Premium であるのだが、メモリが2GB、Core2Duo にして激重である。それと比べたら(同じ環境ではないので一概には言えないとは思うが) Windows 7 RC は格段の速さである。

 おそらく Vista を買い控えていた企業ユーザも、一気に買い替えが進むのではないか、との感触を得た。


 私も来年 Windows 7 が正式リリースされたら買ってみたいものである。