田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

モジラの書

 誰もが知っていて当たり前過ぎるとそのうち誰も言及しなくなる。そういう状態が長く続くと逆に忘れされてしまう。コンピュータ関係ならば、例えばなぜ Microsoft Windows のシステムがA:ドライブではなくて、C:ドライブなのか、とか。意外に今の学生さんなどは知らない人が多いのではないか。(C:ドライブなのは以前はA:とB:の二つのフロッピードライブが付属するPCが当たり前だったから。一時期、NECがシステムドライブをA:にしたことがあったが、世の趨勢によって変更された。)
 そんなことを思い出させることが「小江戸らぐ」であった。私は長らく MozillaFirefox を使っていたのだが、アドレスバーに "about:mozilla" と入力すると「モジラの書」(The Book of Mozilla) が表示されることを知らなかった。私は今、Firefox 3.0.8 を使っているが私の Firefox では "about:mozilla" で以下のように表示される。

マモンは深き眠りに落ちた。蘇えりし野獣は群れを成し、地を覆い尽くさんばかりに広がった。人々は時の到来を賛美し、狡猾なる狐と共に実りを炎に捧げた。そして彼らは神聖なる預言の約束の地たる新しき世界を築き上げ、その子らに野獣のことを語り聞かせた。眠りから目覚めしマモンよ、見よ!もはや追従者でしかない己の姿を。

from The Book of Mozilla, 11:9
(10th Edition)


 検索してみると新しい訳を試みている方がいた。以下のサイトが詳しい。

Firefox日本語版にabout:mozillaで表示されるモジラの書の引用に改善の余地あり - himazu blog

 ブログ主の今津英世氏の訳がわかりやすいのでこちらにも引用させていただく。興味のある方は是非、上記サイトをご覧いただきたい。

物欲の神は眠りについた。そして、生まれ変わった野獣は大地に広がり、その数を大きく増した。そして狐の狡猾さをもって、人々は時代を称え作物を火に捧げた。そして聖なる書で約束された姿に従って新たな世界を築き、野獣の物語を子らに語り継いだ。物欲の神は目覚めた。見よ。物欲の神は追随者に成り下がった。