田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

ドラミングを聞く

 久々に散歩に出かける。ここのところサボっていた。ほぼ一ヶ月ぶりの散歩だ。今朝は日の出後、かなり明るくなってから出かけた。


 約一月で景色は一変していた。山際にぼんやりと春霞のように花が咲いていた。白梅の類だろう。誰が植えたのか、私が歩くあたりは山(というよりは丘)の中程に雑木に混じってソメイヨシノが植えてある。さすがにまだ開花はしていないが、すっかり葉が落ちた枝先はこころなしが遠くからピンク色にも見える。当地でも桜の開花まで一ヶ月はないだろう。


 いつものようにゴルフ場のまわりを一周したのだが、木々の間にこだまするドラミングを聞いた。おそらくはキツツキの仲間だろう。カカカカカッ…と連打する音を聞いたのはこちらに越してきてから二回めである。キツツキが停留しているのだろう。滅多に聞ける音ではないので、ちょっと得をした気分になった。

 一時期、聞かなかったコジュケイも盛んに鳴いていた。また群れが帰ってきたのか。あるいは散歩した時間にもよるのか。


 にぎやかな春が、関東平野の北端でも始まりつつある。