読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

献血をした

 先日、半日休みを取って私用を済ませた。用事を済ませた場所のそばに献血ルームがあったので久しぶりに献血を行った。400ccの献血をした。

 献血ルームがあることは知っていたので、最初から献血をするつもりでいた。外では関係者の方が大声で献血を呼びかけていたが、その声に応じる者は少なかった。ルームに入ると、たまたまかもしれないが女性の方が多かった。私と同じ中年男性は私の他には一人しかいなかった。


 私が献血をするのは、世の中の役に立ちたいとか、血液の簡易検査をしてくれるから、といった理由もあるのだが、実はあるウワサを聞いたせいでもある。献血をする男性は長生きするというのだ。

 おそらくは根拠のないデマかもしれない。しかし以下のようなページでも見かけたのだが、女性が男性よりも一般的に長生きなのは月経によって新陳代謝が進むためだという説があるのは確かようだ。真偽のほどは不明だが。

 なぜ女性のほうが長生きできるんですか。 - Yahoo!知恵袋


 素人考えだが、貧血性の方も少なくないであろう女性よりも、平均体重が女性よりは重い男性の方が献血には向いていると思う。街頭で呼びかけるというのは必要だが、「献血する男性は長生きできる」ということが実証されれば自然と献血者数が伸びると思う。どなたか研究してもらえないだろうか。(ひょっとしたらもう検証されていて否定的な結果が立証されているのかもしれない)


 ところで、私が献血を始めたきっかけは阪神淡路大震災だった。例の1995年、震災の直後は輸血用血液が足らなくなり、全国に呼びかけたところ予想を上回る血液が集まり、もう少し時間がたってから献血して欲しいという旨の広報があったと記憶する。

 阪神淡路大震災と言えば先日、兵庫県知事の失言があった。私は東京人ではないのだが関東地方に住む者の一人としてがっかりもした。しかし、例の「チャンス」発言は置いておいても、東京以外の地域が東京が地震に見舞われたときへの対策を検討するというのは非常に良いことだと思うし、またそうしなければ我が国の未来は危ういと思う。今回の騒動はそういうことを思い出して対策を講じるためのチャンスにして欲しいものだ。