田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

通勤途中で見た鳥類

 今年度に入り比較的忙しい日が続いている。昨日も出勤であった。自動車で通勤をしているのだが、最近のガソリン高騰は痛い。休日はなるべく自転車で出かけることにしている。


 さて、今週は通勤でクルマを運転中にやや大型の鳥類を二種類目にした。

 ひとつは朝7:00頃、自宅からそう遠くない地点でキジを見た。声はよく耳にするのだが、姿を間近で見たのは久しぶりだ。40km/hくらいで走行中、20mくらい前を横断していった。低空を滑空していった。キジは意外とよく飛ぶ。それほど長い距離を飛ばないようだが。長い尾をなびかせて飛ぶ姿は優美である。国鳥とされる由縁か。首や背中が一瞬緑色の光沢で光った気がした。体も細かったので若いオスだったかもしれない。

 もう一つは一昨日、帰宅途中の畦道で田んぼからサギの類が出てきたところに遭遇した。あたりは真っ暗で、ヘッドライトに照らされたそれは一瞬止まったかに見えたがすぐに消え去ってしまった。

 背が高くない、首も短く背も青みがかったサギであった。ゴイサギかと思ったのだが、頭頂部は白かった。背中を中心に青灰色だったのでコサギチュウサギではなかったと思う。種類がはっきりしなかったのは残念である。ゴイサギは夜烏とも呼ばれる夜行性のようなので、ひょっとしたら若いゴイサギだったかもしれない。


 いずれにしても2例とも若い鳥だった。夏の到来を前に巣立ちの時期を向かえているのだろうか。