田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

ニンテンドーDS 修正プログラムのお世話になる

 気がつくと父親らしいことをほとんどしていない。強いて言えばニンテンドーDSポケモンのゲームシリーズにハマっている愚息のためにいろいろと情報を検索してやるくらいだ。(ちなみにうちには父親(=私)がいじりまわした旧式PCがゴロゴロしていて今でもLinuxなら動かせる。息子に譲ろうとしているのだが、ローマ字入力ができないのと、DSに魅力を感じるらしく、いつも「いらない」と言われる。まだ漢字もよく読めない娘に託そうか…)


 いろいろと情報を仕入れてやり、父親の面目躍如なのだが、先日息子に教えた裏情報がガセネタだったらしい。DS版「ダイヤモンド・パール」でアルセウスというポケモンをゲットしようとして、主人公は哀れ壁の中に閉じ込められ身動きがとれなくなってしまった。


 息子に泣きつかれ、焦りながら、「そうか! 目には目を、歯には歯を、だ」と口走りながら検索してみた。やっぱり解決方法はウェブ検索で見つかった。

 『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』における「壁の中から戻れなくなる」件に関するお知らせ - 任天堂

 やはり同様の問い合わせは多いのね。

 近所のイトーヨーカドーDSステーションがあることがわかり、早速修正プログラムを適用し、なんとか復帰することができた。(使い方を丁寧に教えてくれたイトーヨーカドーの店員さんに感謝します。いまどきデータ配信は無線なのね)


 しかし、帰りの車の中で愚息は「最初からやりなおそ!」と嬉々としていた。あのね、君に付き合った私の数時間は何だったわけ?

 ま、たまにはこういう日も良いかと思う母の日であった…。