田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Ubuntuの台頭

 以下のような記事が目についた
 UbuntuはLinuxディストリビューションの代表になりつつあるか - builder by ZDNet Japan

 筆者曰く「UbuntuLinuxであり、LinuxUbuntuだと思っているLinux初心者増えているのに気づいた人はいるだろうか。」


 えぇ?そんな人、普通にいるかな?と思ったら筆者の Adrian Kingsley-Hughes はイギリスのITコンサルタントの方だった。いずれこのようなことは日本にも波及するのだろうか?個人的には徐々にそうなるような気はする。

 それにしてもUbuntuは初心者にとって敷居が低く簡単で、十分に使えるディストリビューションと言えるだろう。"UbuntuLinux" と誤解されるのも困ったものだと思うが、Linuxを代表するディストリビューションに成長するのは間違いないと個人的には思う。私もこの筆者ほどではないが、いろいろとディストリビューションを変える方だが気がつくとUbuntuに戻っている。個人的には動画再生などプロプライエタリなフォーマットへの対応が楽なのが好きだ。迅速なアップグレード、定期的なバージョンアップも素晴らしい。

 間もなく本格的にリリースされる Hardy Heron が待ち遠しい。