田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

Linuxデスクトップの限界と可能性

 先週末でのOSCでVista機を沢山目にしたことは、Linuxデスクトップユーザの私としては大変ショックであった。(だってMicrosoftの見本市じゃないんだから…)しかし現実を知る良い機会にもなったと思う。

 いろいろと考えたことがあるのだが、うまく文章化できない。

 あえて短文でまとめれば、以下のようなことか。

  1. 「ちゃんと動くWindows」を前にしてはLinuxデスクトップが広く大衆に受け入れられることはないだろう。
  2. 予算削減が求められる、例えば公的機関などではXPのリプレースとして高価なハードを要求するVistaではなくLinuxもアリなのではないか。

 なかでもUbuntuは、かなりいい線行っているディストリビューションであると思う。ハードの自動認識がすごいし、リリースも定期的である。


 ということで、もうちょっと私の関われる範囲で啓蒙に勤めていこう。


 ちなみに蛇足だが、以下の記事を読んで、私は是非Linux陣営は「付け入って」ほしいと思ったw

 Life is beautiful: Intel Atomの登場で顕著になるMicrosoftのジレンマ