田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

エンジンオイルを交換した

 事故で中古車に乗り換えて以来、この日記ではすっかりクルマの話題が少なくなってしまった。以前は「道楽」としていろいろイジって楽しんでいたが、最近は道具だと割り切っている。洗車の回数も減った。それでも最低限の性能は維持させたいので定期的に油脂類の交換、それからタイヤの空気圧チェックなどをしている。

 以前、エンジンオイルの交換は自分でしていたのだが、すっかり情熱が失せたのとw 廃油の処理が面倒なので、最近は近くのカー用品店に依頼している。


 中古のホンダ・フィットに乗っているのだが、ガソリン高騰が続くなか燃費の良さには感謝している。しかし正直言って「私にとっては」乗っていて楽しくなるようなクルマではない。

 その日も適当に安いオイルを選んでレジに持っていった。レジのお姉さんが突然「お客さまのおクルマはフィットなのでもう少し軟らかめのオイルのほうが燃費が良くなると思いますが…」と言う。私の選んだのはSAE 5w-30 のものであった。
 なるほど最近のクルマはそうなのか、と 0w-20 のものにしてみた。交換後、若干ではあるが燃費が向上したような気もする。次回はおそらく夏頃になるのでもう少し硬めにしてみるか…。(最近のエンジンはそんな季節変動も考慮しないほうが良いのだろうか。)

 エンジンオイルの質というのは、私にとってはなかなか実感しずらいのだが、燃費計などを参考にすると、やはりある程度は走りの状態に影響のあるものであるようだ。(レースをしているような方にとってはもちろん重要な要素の一つでしょう)


 エンジンオイルには複数の規格があるが、APIがSMだったのには時代の流れを感じた。私が自分でクルマを買った頃はたしかSEだったと思う。ラジオCMで"SFオイル"を強調しているものもあった記憶がある。そのうちにSXとかSYなんてできるのだろうか?

 アルファベットが出尽くしてしまうのでは…、と余計な心配をしながら店をあとにした。