田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

雪解けは遠い

 少し前に、中国もかつての日本を模倣して、急速に生産品の品質を上げるに違いない、と言った趣旨のことを書いたのだが、昨今の、例の餃子事件以降の中国当局の発言を見ていると、そんなことも近い将来にはないな、と思ってしまう。中国国内での薬品汚染はなかったと盛んに喧伝しているが、それをまともに信じる日本人は少ないだろう。おそらくはうやむやのうちに終わるか、日本のせいということで終わるかもしれないが、そのような幕引きがどれほどの経済的損失を伴うか計算できぬようでは中国首脳も大したことはない。ま、日本は小国だということで歯牙にもかけないのかもしれないが。

 私はスポーツ全般に関心がないのだが、「痛いユース」では早くも昨晩の中国とのサッカーの試合が題材にあがっている。重慶での試合だということが大きいと思うのだが、それにしても日本チームはよく勝ったものだ。あの程度でも中国当局は相当引き締めたのかもしれない。それにしてもオリンピックはものすごく不安である。無事を祈りたい。

 痛いニュース(ノ∀`):「小日本を打倒せよ!」 中国のサポーター、日の丸燃やし、ペットボトル投げ、ブーイング。選手に罵声…サッカーで負け


 しかし、いろいろな意味で関係の深い国なので、友好関係が醸成されて欲しいのだが。…もうしばらくは無理か。