田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

日本の教育への不安

 昨晩、所沢の航空管理システムのトラブルがあったようだ。原因は徐々に明らかにされるだろうが、何らかのプログラムミスがあったのではないかと個人的には思う。東証のシステムダウン、銀行合併時のATMのトラブル、自動改札機の不具合、…システム設計に関するトラブルが最近目につくようになってきた。それとその影響の大きさも。今回も飛行機の運行が遅れ多くの人に影響がでたが、こう言っては不謹慎かもしれないが死者がでなくて良かった。場合のよっては大事故につながる可能性もなくはなかった。


 おそらくは情報関連従事者が足りないのだろう。中国やインドの新興で賃金が上がらないというのも影響しているのかもしれないが、日本の教育システムが社会の動きに全然ついていけないでいることも影響しているのではないか。現在、一部の学校を除いてはプログラミングなどは普通の生徒は勉強しない。


 英語の早期教育などは、他教科への影響が大きいので個人的には反対である。その立場で以下の記事を読んだ。

 小学生に英語を必修させる必要があるのか? (内田樹の研究室)


 しかし、下記の小飼氏の反論を読み、それもなるほどとも思った。早期英語教育反対などと悠長なことを言っている場合ではないのかもしれない。

 404 Blog Not Found:This one works! - 書評 - 3語で9割通じる英会話

 日本は残念ながら「小国化」の一途を辿っている。この状況に対応できる人材を育成しなければならない。現在の教育システムでは不十分だ、と思うようになってきた。