田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

パチンコはなくなるべき

 「痛いニュース(ノ∀`)」でパチンコが存亡の危機?というニュースが取り上げられている。

 “パチンコ存亡の危機” 法改正で客離れが加速。ファンの楽しみは減るばかり …日刊ゲンダイ


 意外と2ちゃんねらーはパチンコなんてなくなったほうが良いと思っているようだ。ワシもそう思う。

 うちの職場にもパチンコ愛好者はいるが、ここ十年くらいで激減したと思う。数えるくらいしかいない。私はやらないのでよく知らないが、最近の台は射倖性が高く、儲かるときは儲かるが、取られるときは相当取られるらしい。問題は「パチンコ中毒症」である。同僚の若干1名にはその傾向があると思う。


 うちの近くでもギャンブルで私財を失った農家の話をチラホラ聞く。私の住む旧岡部町は場外船券売り場の建設に関してニュースにもなったが(結局は作られた)、利根川をはさんで対岸には伊勢崎オートや桐生競艇などが林立するギャンブル地帯である。近所で破産した農家はパチンコだけに注ぎ込んでいたわけではないようだ。

 それにしてもパチンコは産業としてなくなったほうがよい。


 ネラーに「朝鮮玉入れ」と揶揄されているように総連を通じての北朝鮮への送金疑惑がある。たしかに戦後、民族差別を受けて一般企業に就職できないといったこともあっただろう。安定した雇用・収入を得るのに必要だった時期があったかもしれない。しかし、不明朗なことが多すぎる。毎年多額の脱税が相次いでいるのもそうだ。(この点について和田秀樹氏が常々警察の取締りが甘いと言っておられる。)
 とにかく、平日の朝からお店の前に行列ができるなんて異常だ。


 ネット界隈ではよく言われることであるが、在日外国人は一定の期間の後、日本国籍を取得して永住するか、あるいは本来帰属するべき国へ帰るべきだ。母国が政情不安ならば亡命すべきだ。(といっても日本はなかなか亡命を受け入れないだろうが)いずれにしてもそれが世界の常識ってもんではないか。日本人が外国に滞在する場合もそうするはず。この範疇のどれにも入らない場合は不法滞在の誹りを受けても仕方がない。


 最近TVでパチンコ関連のCFを見かける。20年くらい前だったら考えられなかったのではないか。かつてはサラ金のCFも深夜に限られていった。すべては金のなせるわざが。誰が一番被害を受けるのか、冷静に考えてみるとよい。


 ネラーからも批判を受けるパチンコ業界のCFをタレ流しするTV放送界も終わっている。かつてのように業種によってはCF放映時間を規制しようっていう気骨のある放送人はいないのか…。