田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

「渡良瀬橋」の歌碑

 次のニュースが目にとまった。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070421i411.htm

 渡良瀬橋で見る夕日を、あなたはとても好きだったわ――。森高千里さんが1993年、栃木県足利市中心部を流れる渡良瀬川に架かる橋の情景を歌ってヒットした「渡良瀬橋」の歌碑が、橋近くに完成した。

 28日の除幕式では、森高さんのメッセージも披露される。

 森高さんは89年に市内の足利工業大のイベントに出演したのをきっかけに、橋からの夕日の美しさなどを歌詞にした。「橋はどこにあるのか」という問い合わせも多く、ファンらが訪れる名所にしたいと市が330万円で整備した。

 歌碑の前に立つと、夕日が見える午後6時ごろまでは森高さんの歌声が流れる。市の担当者は「天候次第で、橋の向こうに沈む夕日が見え、歌と同じ風景が楽しめます」と話す。
(2007年4月21日19時41分 読売新聞)


 私は足利のアラジンに通うようになってから森高さんの「渡良瀬橋」を知った。とっても切ない感じのメロディーと歌詞が大好きである。

 さっそくアラジンに行くときにチェックせねば。