田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

 クラウンに乗る

 わがBMW R100GSは普段は私の実家のガレージに置いてある。バイクを乗るときは私のプジョー206SWで実家に行き、206SWを置いてバイクに乗って帰る。前項にあるようにR100GSが「お不動様」にならせられましたので、実家の206SWにも乗れなくなってしまった。(自宅と私の実家は少し距離がある)
 普段、農作業で忙しく、ほとんど車に乗らない義父が「私の車を使って良いよ」と言ってくれた。御言葉に甘えることにした。

 義父は約1年前中古でトヨタクラウンを入手した。おそらく10年くらい前のモデルだが、80万円の割に程度は良く、走行距離も3万kmくらいであった。モデルチェインジ後の旧モデルの中古にはなかなかオイシイものがある。


 自分の父親が亡くなった直後、車を2台、バイクを2台所有し、エンジンの調子を保つため日替わりで乗り換えて通勤していたことがあった。その頃を思い出した。クラウンもなかなか良い。しかし私は将来きっと所有しないだろうな。やっぱり今の自分にはプジョー206SWが合っている。

 クラウンに乗っていて気がついたことは、また後で書こう。もう、お彼岸である。今日は実父の墓参りに行かねば。