田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

 週刊文春を買って読んでみた

 ここ数回、私はライブドア(以下LD)関連のニュースのことばかり書いている。TVや新聞でさかんに報道しているからつられてしまうのか。あるいは私のような者が少なくないからマスコミも連日報道しているのか。いずれにしても後で読み返すと馬鹿馬鹿しく感じるかもしれない。

 私が愛読している勝谷誠彦氏がブログで今週の週間文春を読めと書いているものだから、つられて購読してみた。


 やはり野口氏の死について益々疑問が深まった。

 それとともにLD関連ニュースを聴いていて腑に落ちない「何か」を感じていたのだが、それが何だかわかった。

 皆さんがご承知の通り、今回の事件(出版会社を巡る株価操作)には投資事業組合なるものが登場する。ニュースでは「LD本社の影響下にある」事業組合、「LDが事実上支配する」事業組合、といったような表現で表されるが、どうしてこんな回りくどい言い方をするのだろう、と自分は感じていたのだ。

 いくつかのニュースでは既に解説済みだったのかもしれないが、投資事業組合というのはその構成を明らかにする義務はなく、つまりは誰が組合を形成しているのか全くわからないというのだ。


 今回登場した投資事業組合は本当にLD社だけが参加していたのだろうか。他にその儲けの分け前をもらった者がいなかったのだろうか。

 もし仮にそのような者がしたとしたら…。

 ここらへんに野口氏の死の謎が潜んでいるようである…。

(多分、文春はしばらくこのネタを続けるのだろうな…)