田舎者Yの日記

片田舎のバイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

 シャトー牛久を訪ねる

 先週はMLのオフミに合流することができなかった。
今週末はそのオフミの場所であった、足利のコーヒー屋台「アラジン」のオーナー&常連さんたちとともにシャトーカミヤ牛久へツーリングに出かけた。

 シャトーカミヤの公式ページから引用する。

日本のワイン醸造の1ページを飾るシャトーカミヤは明治36年(1903年)浅草「神谷バー」の名でも知られる神谷傳兵衛が建設しました。ぶどうの栽培からワインの醸造・瓶詰めまでを一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり日本のワイン発祥の地のひとつです。

 「日本のワイン発祥の地のひとつ」というのが微妙ですな。私は歴史に詳しくないのだが、「発祥の地」と断言してしまうといろいろと問題があるのだろう。

 私は昼食時にワインを飲むのは避けたが、買って家で飲んだところ、非常にフルーティな香りで美味しかった。


 入場無料。売店で買い物をすると駐車料金(500円)も無料になるということで、非常にリーズナブル。醸造所を改造した資料館も見ごたえのある資料がある。
 今度は家族で訪れたいものだ。(お酒を飲まないカミさんの運転で)

 ちかくには筑波山筑波研究学園都市もあり、意外と面白い場所かもしれない。