田舎者Yの日記

片田舎の元バイク乗り・Linuxユーザ、つまり変わり者のブログ

(海外からスパムコメントが続きましたので、しばらくコメントは承認制にします。)

自分勝手なトヨタ

 他人のブログをよく読まさせてもらうが、無名の*1市井の方でもプロの評論家はだし、という方も少なくない。私は下記のページで溜飲も下げたし、私の言いたかったことを代弁(以上のことを)してくれた思った。

 誰も通らない裏道: トヨタが自分勝手になる仕組み


 かなり前から「トヨタの車って品質は良いとは思うが、運転していて楽しくないというか感動がないな。まわりの皆が『トヨタ最高!』というが自分にはそう思えないな」と感じてきた。上記の記事で気づかされた。トヨタは部品を組み立てているのだ。クルマを作っているわけではない。

 「良いものをより安く」売れば売れるというのが小売の原則であろう。しかし、こと趣味の世界に至ってはこの原則通りに行かないことも少なくない。私はバイク愛好者の道楽者だが、品質がイマイチだったハーレーダビットソンが高値で売れることは良く知られている。(ただし最近のモデルは品質もかなり向上しているそうだ。日本製部品も少なからず使われているとか。なんともはや…)


 それにしてもトヨタ=自分勝手な企業、という発想は自分にはなかった。たしかに世界に名立たる「カンバン方式」なども見方を変えれば身勝手このうえない。(企業は自己の利潤を追求するのだから利己的なのは当たり前か。上記のブログ氏は公共財産をも自分の利潤追求に利用する姿勢を糾弾しているのか。)

 ブログ氏が書くように今回のレースの模様は全世界に配信されている。トヨタが(おそらく)失ったであろう失地をどう回復するかが見物である。

(追記)初回投稿後、一部改変しました。マスコミが今回の件を伝えていない、という部分があったのですが、うちでとっている新聞(10月1日付け)にも載っていましたので。

*1:著明な方が覆面で書いている可能性もあるか